アンセル・アダムス(1902-1984)

アンセル・アダムス アンセル・アダムスは、アメリカ西部の畏敬の念を抱かせるモノクロ写真で知られる、アメリカを代表する写真家である。入念に構成され、技術的に正確なこの写真家のヨセミテ国立公園の絵のような写真は、写真というメディアの歴史の中で最も象徴的な作品のひとつである。「ヨセミテ渓谷は、私にとっていつも日の出であり、石と宇宙からなる広大な建造物の中にある緑と黄金の輝きである。「花崗岩の崖やドームの高くそびえ立つ形、岩や森を照らす光の輝き、そして落下し流れる水の雷鳴とささやき声の、説得力のある精神的な支配力を超える彫刻、絵画、音楽を私は知らない」。1902年2月20日、カリフォルニア州サンフランシスコに生まれた画家は、コンサートピアニストとしての訓練を受けた後、1930年に写真に転向した。エドワード・ウェストンやイモージェン・カニンガムとともにグループf/64を結成し、写真が記録写真としか考えられていなかった時代に、写真を芸術の域にまで高めることを目指した。熱心な環境保護主義者であった彼は、自然の壮大さを写真に収めるために全米を旅した。1984年4月22日、カリフォルニア州モントレーにて82歳で死去。

(artnet.com)

アンセル・アダムスの写真は、© The Ansel Adams Publishing Rights Trust.許可を得て複製。

アートワーク

アンセル・アダムス
ミュージアムセット
銀ゼラチンプリント
16×20インチと11×14インチ。
アンセル・アダムス
月の出、エルナンデス、ニューメキシコ州
銀ゼラチンプリント
10 3/8 x 13 3/8 in.
アンセル・アダムス
カリフォルニア州オーエンズ・バレーからシエラネバダ、ウィリアムソン山
銀ゼラチンプリント
14 x 18 7/8インチ。
アンセル・アダムス
アスペン、ニューメキシコ州北部
ゼラチンシルバープリント
15 1/4 x 19 1/4 in.
アーティスト・問い合わせ