エドワード・マンチ(1863~1944)

エドヴァルド・ムンク ムンクは中流階級の家庭に生まれたが、病弱であった。母親は彼が5歳のときに、長姉は彼が14歳のときに結核で亡くなり、ムンクは後者の出来事を最初の代表作『病気の子供』(1885-86年)に収めています。ムンクは幼い頃に父と兄を亡くし、もう一人の姉も精神疾患を患っています。「病気、狂気、そして死は、私の揺りかごを見守り、私の生涯に寄り添ってくれた黒い天使たちであった」とムンクは語っています。

ムンクは1892年頃、独自のスタイルを確立します。流れるような蛇行した線は、現代のアール・ヌーヴォーに通じるものがありますが、ムンクは線を装飾としてではなく、深遠な心理的啓示の手段として用いています。1892年、ベルリン芸術家協会の招きでムンクがベルリンで多数の作品を展示したとき、ノルウェーの批評家たちが彼の作品に抱いた怒りは、同じようにベルリンの批評家たちにも伝わったようです。ムンクは1892年にベルリン芸術家協会の招きで多数の作品をベルリンに展示しましたが、その暴力的な感情や型破りなイメージ、とりわけ性描写の率直さは、激しい論争を引き起こしました。批評家たちは、彼の革新的な技法が未完成に見えることに不快感を抱いた。しかし、このスキャンダルによってムンクの名はドイツ全土に知れ渡り、そこからさらに評判が高まりました。ムンクは1892年から95年にかけて主にベルリンで、1896年から97年にかけてはパリで生活し、1910年にノルウェーに移住するまで広範囲に渡り活動を続けました。

ムンクは1908年から09年にかけて神経衰弱に苦しみ、その後の彼の芸術は以前の激しさを回復することなく、より積極的で外向的なものとなっていきました。数少ない例外は、心にしみる「自画像」です。これは、彼が生涯を通じて描き続けた長い自画像シリーズのひとつである。オスロ大学の壁画(1909-16年)は、彼の重要性がノルウェーで遅ればせながら認められたことを示す重要な注文であった。その中心は、アレゴリー像に挟まれた巨大な太陽の絵であった。その後のムンクの絵画は、風景や働く男たちが題材となっています。しかし、ムンクが近代美術に決定的な貢献をしたのは、神秘的で危険な精神的力を形にした1890年代の作品にほかならない。1937年、ムンクはナチスの「退廃芸術」展に出品しています。ムンクは死後、遺産と所有していたすべての絵画、版画、素描をオスロ市に遺贈し、オスロ市は1963年にムンク美術館を建設しました。オスロ市は1963年にムンク美術館を設立し、多くの名作をオスロ国立美術館に所蔵しています。

(ブリタニカ)

アートワーク

エドヴァルド・ムンク
ハウス・オン・ザ・コースト I
木版画、織物紙、作家による水彩手彩色加筆
17×23インチ。
アーティスト・問い合わせ