SAMフランシス (1923-1994)

サム・フランシス サム・フランシス(1923-1994)はカリフォルニア州サンマテオで生まれ、カリフォルニア大学バークレー校で植物学、医学、心理学を学びました。彼は第二次世界大戦中にアメリカ空軍に従軍した後、飛行機事故で負傷した。彼は脊髄結核で数年間入院していて、その間に絵を描き始めました。病院を出ると、彼はバークレーに戻り、今度は美術を学びました。

フランシスは当初、マーク・ロスコ、アーシール・ゴーリキー、クライフォード・スティルなどの抽象表現主義者の作品の影響を受けました。彼は1950年代にパリで過ごし、1952年に初めて展覧会を開催しました。そこにいる間、彼はタチスメと関係を持つようになった。その後、日本で過ごし、禅仏教の影響を受けた人もいます。フランシスはパリで完全に単色の作品を実行するためにいくつかの時間を過ごしましたが、彼の成熟した作品は、一般的に明るい対照的な色の飛散または飛散した領域を持つ大きな油絵です。白いキャンバスの領域は、多くの場合、透けて見えるために残され、後の作品では、ペイントは時々キャンバスの端に限定されます。

1950年代初頭の彼の「署名」絵画は、ジェスチャーではなく、明るく画家的に、連続的だが、色で飽和した非対称の生物形態のオーバーレイである。50年代半ば、フランシスは、通常、白い地面に青、黄色、赤の細胞のような形の様々なサイズのクラスターのフィールドが含まれています。フランシスは1960年代にカリフォルニアに戻り、ロサンゼルスで絵を描き続けました。彼のキャリアの最後の30年の間に、大規模な明るい抽象表現主義の彼のスタイルはまた、カラーフィールドの絵画と密接に関連していました。

アートワーク

サム・フランシス
ドゥアット
キャンバスにアクリル
5 1/2 x 8 3/4 in.
サム・フランシス
無題(白黒構図
紙にアクリル
23 3/4 x 17 3/4 in.
アーティスト・問い合わせ