パームデザートギャラリー ウォークスルー 2022

に掲載されました。ギャラリーツアー
1886年5月15日、第8回印象派展でジョルジュ・スーラの最高傑作「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後」が発表され、新しい芸術運動の視覚的マニフェストが生まれました。スーラは、点描主義や分割主義として知られるようになった「科学的印象派」の元祖といえる存在である。しかし、彼の友人であり、親友であった24歳のポール・シニャックとの絶え間ない対話が、光と色の物理的な理解における共同作業と、そこから生まれたスタイルにつながったのである。シニャックは未熟な印象派の画家であったが、その気質は、丹念に手間をかけた筆致と色彩を実現するために必要な厳しさと規律に完全に適合していた。シニャックはすぐにその技法を身につけた。また、スーラが2年がかりで、巨大な《ラ・グランド・ジャット》の上に、混じりけのない色の点を何層にも積み重ねていく苦労を目の当たりにしたのも彼だった。外向的なシニャックと内向的なスーラは、印象派の流れを変え、近代美術の流れを変えようとしていた。

PAUL SIGNAC

Led by a triumvirate of painters of the American Scene, Thomas Hart Benton, John Steuart Curry, and Grant Wood took on the task of exploring, defining, and celebrating the Midwest as a credible entity within the geographical, political, and mythological landscape of the United States. Their populist works were figurative and narrative-driven, and they gained widespread popularity among a Depression-weary American public. The landscapes Grant Wood painted, and the lithographs marketed by Associated American Artists were comforting reminders of traditional Midwestern values and the simplicity of country life. Yet, Wood's most iconic works, including American Gothic, were to be viewed through the lens of elusive narratives and witty ironies that reflect an artist who delighted in sharing his charming and humorous perspective on farm life. <br><br>In 1930, Wood achieved national fame and recognition with American Gothic, a fictionalized depiction of his sister, Nan, and his family dentist. Frequently regarded as the most famous American painting of the twentieth century, to fully grasp American Gothic's essential nature, one must recognize Wood's profound connection to his Iowan roots, a bond that borders on a singular fixation and the often-brutal confrontation between the moral and cultural rigidity of Midwest isolationism and the standards that prevailed elsewhere in America. This war of values and morality became dominant throughout Wood's oeuvre. Their fascination with American Gothic may have mystified the public, but the story, told in the attitude of a farmer and his wife, is as lean and brittle as the pitchfork he carries. Their attitude, as defiant as it is confrontational, is an unflinching dare to uppity gallery-goers to judge their immaculate well-scrubbed farm. American Gothic became an overnight sensation, an ambiguous national icon often interpreted as a self-effacing parody of midwestern life. Yet it also served as an unflinching mirror to urban elite attitudes and their often-derisive view of heartland values and way of life. In Grant Wood's hands, the people of the Midwest have stiffened and soured, their rectitude implacable.<br> <br>Portrait of Nan is Grant Wood's most intimate work. He may have been motivated to paint it to make amends for the significant scrutiny and harsh treatment his sister received as American Gothic's sternly posed female. Grant poured his heart into it as a sign of sibling love. Intent upon painting her as straightforward and simply as possible so as not to invite unintended interpretations, Wood's deep attachment to the portrait was significant enough for him to think of it as having irreplaceable value. When he moved from Cedar Rapids to Iowa City in 1935, he designed his entire living room around the work. It occupied the place of honor above the fireplace and was the only painting he refused to sell. <br> <br>The lithograph July Fifteenth, issued in 1938, proves his mystical vision of the Iowan heartland is anything but a pitchfork approach. Drawings assumed central importance in Wood's output, and this work is executed in meticulous detail, proving his drawings were at least as complex, if not more so, than his paintings. The surface of the present work takes on an elaborate, decorative rhythm, echoed throughout the land that is soft, verdant, and fertile. Structurally, it alludes in equal measure to the geometry of modern art and the decorative patterning of folk-art traditions. This is a magical place, a fulsome display of an idealized version of an eternal, lovely, and benign heartland. <br><br>The Young Artist, an en plein air sketch, may have been produced during, or slightly after, what Wood called his "palette-knife stage" that consumed him in 1925. Having not yet traveled to Munich where, in 1928, he worked on a stain-glass window commission and came under the influence of the Northern Renaissance painters that sparked his interest in the compositional severity and detailed technique associated with his mature works, here, he worked quickly, and decisively. The view is from a hilltop at Kenwood Park that overlooks the Cedar River Valley near Cedar Rapids, where he built a house for his sister, Nan.

グラント・ウッド

<br>In Diego Rivera’s portrait of Enriqueta Dávila, the artist asserts a Mexicanidad, a quality of Mexican-ness, in the work along with his strong feelings towards the sitter. Moreover, this painting is unique amongst his portraiture in its use of symbolism, giving us a strong if opaque picture of the relationship between artist and sitter.<br><br>Enriqueta, a descendent of the prominent Goldbaum family, was married to the theater entrepreneur, José María Dávila. The two were close friends with Rivera, and the artist initially requested to paint Enriqueta’s portrait. Enriqueta found the request unconventional and relented on the condition that Rivera paints her daughter, Enriqueta “Quetita”. Rivera captures the spirit of the mother through the use of duality in different sections of the painting, from the floorboards to her hands, and even the flowers. Why the split in the horizon of the floorboard? Why the prominent cross while Enriqueta’s family is Jewish? Even her pose is interesting, showcasing a woman in control of her own power, highlighted by her hand on her hip which Rivera referred to as a claw, further complicating our understanding of her stature.<br><br>This use of flowers, along with her “rebozo” or shawl, asserts a Mexican identity. Rivera was adept at including and centering flowers in his works which became a kind of signature device. The flowers show bromeliads and roselles; the former is epiphytic and the latter known as flor de jamaica and often used in hibiscus tea and aguas frescas. There is a tension then between these two flowers, emphasizing the complicated relationship between Enriqueta and Rivera. On the one hand, Rivera demonstrates both his and the sitter’s Mexican identity despite the foreign root of Enriqueta’s family but there may be more pointed meaning revealing Rivera’s feelings to the subject. The flowers, as they often do in still life paintings, may also refer to the fleeting nature of life and beauty. The portrait for her daughter shares some similarities from the use of shawl and flowers, but through simple changes in gestures and type and placement of flowers, Rivera illuminates a stronger personality in Enriqueta and a more dynamic relationship as filtered through his lens.<br><br>A closer examination of even her clothing reveals profound meaning. Instead of a dress more in line for a socialite, Rivera has Enriqueta in a regional dress from Jalisco, emphasizing both of their Mexican identities. On the other hand, her coral jewelry, repeated in the color of her shoes, hints at multiple meanings from foreignness and exoticism to protection and vitality. From Ancient Egypt to Classical Rome to today, coral has been used for jewelry and to have been believed to have properties both real and symbolic. Coral jewelry is seen in Renaissance paintings indicating the vitality and purity of woman or as a protective amulet for infants. It is also used as a reminder, when paired with the infant Jesus, of his future sacrifice. Diego’s use of coral recalls these Renaissance portraits, supported by the plain background of the painting and the ribbon indicating the maker and date similar to Old Master works.<br><br>When combined in the portrait of Enriqueta, we get a layered and tense building of symbolism. Rivera both emphasizes her Mexican identity but also her foreign roots. He symbolizes her beauty and vitality but look closely at half of her face and it is as if Rivera has painted his own features onto hers. The richness of symbolism hints at the complex relationship between artist and sitter.

ディエゴ・リベラ

ブランディワイン・リバー美術館が編纂したカタログ・レゾネによると、『Puritan Cod Fishers』の下絵は、N. C. ワイエスが1945年10月に亡くなる前に完成させたものである。この項目には、スケッチの画像、画家の碑文、タイトル「Puritan Cod Fishers」が記録されており、カタログでは「代替」とされている。いずれにせよ、この大きなキャンバスはアンドリュー・ワイエスの手によって描かれたユニークな作品であり、父親のデザインと構図が、優れた息子の手によって結実した、明確な共同作業であったと後にアンドリュー・ワイエスは回想している。アンドリューにとって、それは深く感じられ、感動的な体験だったに違いない。父親の細部と本物へのこだわりを考えると、小さな帆船のラインは16世紀に使われていたエシャロットを表している。その一方で、アンドリューは、父親がしたかもしれない以上に、落ち着きのない海の色合いを深めたと思われ、その選択は、作業の危険な性質を適切に高めている。

アンドリュー・ワイス&N.C.ワイス

WILLEM DE KOONING - 手漕ぎボートの女 - マソナイトに敷き詰められた紙に油彩 - 47 1/2 x 36 1/4 in.

ウィレム・デ・クーニング

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ - ハーグの新しい教会と古い家々 - 油彩、キャンバス、パネル - 13 5/8 x 9 3/4 in.

ヴィンセントヴァンゴッホ

Alexander Calder was a key figure in the development of abstract sculpture and is renowned for his groundbreaking work in kinetic art; he is one of the most influential artists of the Twentieth Century. "Prelude to Man-Eater" is a delicately balanced standing sculpture that responds to air currents, creating a constantly changing and dynamic visual experience.<br><br>Calder's Standing Mobiles were a result of his continuous experimentation with materials, form, and balance. This Standing Mobile is a historically significant prelude to a larger work commissioned in 1945 by Alfred Barr, the first director of the Museum of Modern Art in New York. "Prelude to Maneater" is designed to be viewed from multiple angles, encouraging viewers to walk around and interact with it.<br><br>The present work is a formal study for Man-Eater With Pennant (1945), part of the permanent collection of the Museum of Modern Art in New York. The work is also represented in "Sketches for Mobiles: Prelude to Man-Eater; Starfish; Octopus", which is in the permanent collection of the Harvard Fogg Museum.<br><br>Calder's mobiles and stabiles can be found in esteemed private collections and the collections of major museums worldwide, including the Museum of Modern Art in New York, the National Gallery of Art in Washington, D.C., the Whitney Museum of American Art, New York, the Art Institute of Chicago, and the Tate Gallery in London among others.

アレクサンダー・カルダー

N.C. Wyeth’s extraordinary skills as an illustrator were borne of impeccable draftsmanship and as a painter, his warmly rich, harmonious sense of color, and ability to capture the quality of light itself. But it is his unmatched artistry in vivifying story and character with a powerful sense of mood that we admire most of all — the ability to transport himself to the world and time of his creation and to convey it with a beguiling sense of conviction. That ability is as apparent in the compositional complexities of Treasure Island’s “One More Step, Mr. Hands!” as it is here, in the summary account of a square-rigged, seventeenth-century merchant ship tossed upon the seas. The Coming of the Mayflower in 1620 is a simple statement of observable facts, yet Wyeth’s impeccable genius as an illustrator imbues it with the bracing salt air and taste that captures the adventuresome spirit of the men and women who are largely credited with the founding of America. That spirit is carried on the wind and tautly billowed sails, the jaunty heeling of the ship at the nose of a stiff gale, the thrusting, streamed-limned clouds, and the gulls jauntily arranged to celebrate an arrival as they are the feathered angels of providence guiding it to safe harbor.<br><br>The Coming of the Mayflower in 1620 was based on two studies, a composition drawing in graphite and a small presentation painting. The finished mural appears to have been installed in 1941.

N.C. ワイス

Between Île-de-France and Burgundy and on the edge of the Fontainebleau Forest lies the medieval village of Moret-sur-Loing, established in the 12th century. When Alfred Sisley described its character to Monet in a letter dated 31 August 1881 as “a chocolate-box landscape…” he meant it as a memento of enticement; that its keep, the ramparts, the church, the fortified gates, and the ornate facades nestled along the river were, for a painter, a setting of unmatched charm. An ancient church, always the most striking townscape feature along the Seine Valley, would be a presence in Sisley’s townscape views as it was for Corot, and for Monet at Vétheuil. But unlike Monet whose thirty views of Rouen Cathedral were executed so he could trace the play of light and shadow across the cathedral façade and capture the ephemeral nature of moment-to-moment changes of light and atmosphere, Sisley set out to affirm the permanent nature of the church of Notre-Dame at Moret-sur-Loing.  Monet’s sole concern was air and light, and Sisley’s appears to be an homage keepsake. The painting exudes respect for the original architects and builders of a structure so impregnable and resolute, it stood then as it did in those medieval times, and which for us, stands today, as it will, for time immemorial.<br><br>Nevertheless, Sisley strived to show the changing appearance of the motif through a series of atmospheric changes. He gave the works titles such as “In Sunshine”, “Under Frost”, and “In Rain” and exhibited them as a group at the Salon du Champ-de-Mars in 1894, factors that suggest he thought of them as serial interpretations. Nevertheless, unlike Monet’s work, l’église de Moret, le Soir reveals that Sisley chose to display the motif within a spatial context that accentuates its compositional attributes — the plunging perspective of the narrow street at left, the strong diagonal recession of the building lines as a counterbalance to the right, and the imposing weight of the stony building above the line of sight.

アルフレッド・シスレー

Alexander Calder executed a surprising number of oil paintings during the second half of the 1940s and early 1950s. By this time, the shock of his 1930 visit to Mondrian’s studio, where he was impressed not by the paintings but by the environment, had developed into an artistic language of Calder’s own. So, as Calder was painting The Cross in 1948, he was already on the cusp of international recognition and on his way to winning the XX VI Venice Biennale’s grand prize for sculpture in 1952. Working on his paintings in concert with his sculptural practice, Calder approached both mediums with the same formal language and mastery of shape and color.<br><br>Calder was deeply intrigued by the unseen forces that keep objects in motion. Taking this interest from sculpture to canvas, we see that Calder built a sense of torque within The Cross by shifting its planes and balance. Using these elements, he created implied motion suggesting that the figure is pressing forward or even descending from the skies above. The Cross’s determined momentum is further amplified by details such as the subject’s emphatically outstretched arms, the fist-like curlicue vector on the left, and the silhouetted serpentine figure.<br><br>Calder also adopts a strong thread of poetic abandon throughout The Cross’s surface. It resonates with his good friend Miró’s hieratic and distinctly personal visual language, but it is all Calder in the effective animation of this painting’s various elements. No artist has earned more poetic license than Calder, and throughout his career, the artist remained convivially flexible in his understanding of form and composition. He even welcomed the myriad interpretations of others, writing in 1951, “That others grasp what I have in mind seems unessential, at least as long as they have something else in theirs.”<br><br>Either way, it is important to remember that The Cross was painted shortly after the upheaval of the Second World War and to some appears to be a sobering reflection of the time. Most of all, The Cross proves that Alexander Calder loaded his brush first to work out ideas about form, structure, relationships in space, and most importantly, movement.

アレクサンダー・カルダー

Trained as a woodcarver, Emil Nolde was almost 30 years old before he made his first paintings. The early paintings resembled his drawings and woodcuts: grotesque figures with bold lines and strong contrasts. The style was new, and it inspired the nascent movement Die Brücke (The Bridge), whose members invited Nolde to join them in 1906.  But, it was not until the garden became his locus operandi by 1915 that he built upon his mastery of contrasting luminosities to focus on color as the supreme means of expression.  Later, Nolde claimed “color is strength, strength is life,” and he could not have better characterized why his flower paintings reinvigorate our perception of color.<br><br>Much of the strength of Nolde’s dramatic, Wagnerian-like color sensibilities is the effect of staging primary colors, such as the deep reds and golden yellows of Sonnenblumen, Abend II, against a somber palette. The contrast highlights and deepens the luminosity of the flowers, not just visually, but emotionally as well. In 1937, when Nolde’s art was rejected, confiscated, and defiled, his paintings were paraded as “degenerate art” throughout Nazi Germany in dimly lit galleries. Despite that treatment, Nolde’s status as a degenerate artist gave his art more breathing space because he seized the opportunity to produce more than 1,300 watercolors, which he called “unpainted pictures.” No novice in handling watercolor, his free-flowing style of painting had been a hallmark of his highly-charge, transparent washes since 1918. Sonnenblumen, Abend II, painted in 1944, is a rare wartime oil. He let his imagination run wild with this work, and his utilization of wet-on-wet techniques heightened the drama of each petal.<br><br>Nolde’s intense preoccupation with color and flowers, particularly sunflowers, reflects his continuing devotion to van Gogh.  He was aware of van Gogh as early as 1899 and, during the 1920s and early 1930s, visited several exhibitions of the Dutch artist’s work.  They shared a profound love of nature. Nolde’s dedication to expression and the symbolic use of color found fullness in the sunflower subject, and it became a personal symbol for him, as it did for Van Gogh.

エミール・ノルデ

Widely recognized as one of the most consequential artists of our time, Gerhard Richters career now rivals that of Picasso's in terms of productivity and genius. The multi-faceted subject matter, ranging from slightly out-of-focus photographic oil paintings to Kelly-esque grid paintings to his "squeegee" works, Richter never settles for repeating the same thought- but is constantly evolving his vision. Richter has been honored by significant retrospective exhibitions, including the pivotal 2002 show,  "Gerhard Richter: Forty Years of Painting," at the Museum of Modern Art, New York.  <br><br>"Abstraktes Bild 758-2" (1992) comes from a purely abstract period in Richter's work- where the message is conveyed using a truly physical painting style, where applied paint layers are distorted with a wooden "Squeegee" tool. Essentially, Richter is sculpting the layers of paint, revealing the underlayers and their unique color combinations; there is a degree of "art by chance". If the painting does not work, Richter will move on- a method pioneered by Jackson Pollock decades earlier.  <br><br>Richter is included in prominent museums and collections worldwide, including the Tate, London, The Museum of Modern Art, New York, and the San Francisco Museum of Modern Art, among many others.

ゲルハルト・リヒター

Tom Wesselmann was a leader of the Pop Art movement. He is best remembered for large-scale works, including his Great American Nude series, in which Wesselmann combined sensual imagery with everyday objects depicted in bold and vibrant colors. As he developed in his practice, Wesselmann grew beyond the traditional canvas format and began creating shaped canvases and aluminum cut-outs that often functioned as sculptural drawings. Continuing his interest in playing with scale, Wesselmann began focusing more closely on the body parts that make up his nudes. He created his Mouth series and his Bedroom series in which particular elements, rather than the entire sitter, become the focus.<br> <br>Bedroom Breast (2004) combines these techniques, using vivid hues painted on cut-out aluminum. The work was a special commission for a private collector's residence, and the idea of a bedroom breast piece in oil on 3-D cut-out aluminum was one Wesselmann had been working with for many years prior to this work's creation. The current owner of the piece believed in Wesselmann's vision and loved the idea of bringing the subject to his home.<br><br>It's one of, if not the last, piece Wesselmann completed before he passed away. The present work is the only piece of its kind - there has never been an oil on aluminum in 3D at this scale or of this iconography.  

トム・ヴェッセルマン

Painted from an unusually high vantage, “Riviera Coast Scene” vividly conveys the formidable distance and breadth of the scene from the perch where he set his easel.  Interestingly, Paul Rafferty did not include this painting in his book Winston Churchill: Painting on the French Riviera, believing it could likely be a scene from the Italian Lake District, where Churchill also painted in the same time period.<br><br>Paintings by Churchill can function as a glimpse into his extensive travels and his colorful life. Churchill most likely painted “Riviera Coast Scene” during a holiday at Chateau de l’Horizon, home of Maxine Elliot, a friend of his mother. Elliot, originally from Rockland, Maine, was a successful actress and socialite.<br><br>Within this painting, we see the influence of the Impressionists who utilized unusual viewpoints, modeled after Japanese woodblock prints, but also evidence of their attempts to push the boundaries of the landscape genre

サー・ウィンストン・チャーチル

An outstanding example of Churchill’s North African scenes, one in which he deftly captures the scenery and light that his artistic mentor, John Lavery, had told him about in the mid 1930s.  Another artist mentor, Walter Sickert, taught Churchill how to project photo images directly on to a canvas as an aid in painting, a technique used to advantage in this instance.  The Studio Archives at Chartwell include 5 photographs, one of the camel and four others, that Churchill used as aids.<br><br>With the visual aids, Churchill could focus on the vibrant colors, the tan of the sand and buildings contrasting with the brilliant blue skies, splashes of green adding energy to the painting. A different Marrakech scene, “Tower of the Koutoubia Mosque”, set an auction record for Churchill when it sold in 2021 for $11 million USD.

サー・ウィンストン・チャーチル

The frame of reference for Irish American Sean Scully’s signature blocks and stripes is vast. From Malevich’s central premise that geometry can provide the means for universal understanding to Rothko’s impassioned approach to color and rendering of the dramatic sublime, Scully learned how to condense the splendor of the natural world into simple modes of color, light, and composition. Born in Dublin in 1945 and London-raised, Scully was well-schooled in figurative drawing when he decided to catch the spirit of his lodestar, Henri Matisse, by visiting Morocco in 1969. He was captivated by the dazzling tessellated mosaics and richly dyed fabrics and began to paint grids and stipes of color. Subsequent adventures provided further inspiration as the play of intense light on the reflective surfaces of Mayan ruins and the ancient slabs of stone at Stonehenge brought the sensation of light, space, and geometric movement to Scully’s paintings. The ability to trace the impact of Scully’s travels throughout his paintings reaffirms the value of abstract art as a touchstone for real-life experience.<br><br><br>Painted in rich, deep hues and layered, nuanced surfaces, Grey Red is both poetic and full of muscular formalism. Scully appropriately refers to these elemental forms as ‘bricks,’ suggesting the formal calculations of an architect. As he explained, “these relationships that I see in the street doorways, in windows between buildings, and in the traces of structures that were once full of life, I take for my work. I use these colors and forms and put them together in a way that perhaps reminds you of something, though you’re not sure of that” (David Carrier, Sean Scully, 2004, pg. 98). His approach is organic, less formulaic; intuitive painter’s choices are layering one color upon another so that contrasting hues and colors vibrate with subliminal energy. Diebenkorn comes to mind in his pursuit of radiant light. But here, the radiant bands of terracotta red, gray, taupe, and black of Grey Red resonate with deep, smoldering energy and evoke far more affecting passion than you would think it could impart. As his good friend, Bono wrote, “Sean approaches the canvas like a kickboxer, a plasterer, a builder. The quality of painting screams of a life being lived.”

ショーン・スカリー

マルク・シャガールの世界は、私たちが貼るレッテルでは収まりきらないし、制限もできない。それは、イメージと意味の世界であり、それ自体が見事なまでに神秘的な言説を形成しているのです。この作品は、シャガールが90歳を迎えたときに制作されたもので、悲劇と苦悩を知りながらも、人生の歓喜の瞬間を忘れることはなかった。ここでは、ロシアの村の結婚式の夢のような喜びと、使い古された参列者の配置が、幸福なウィットと陽気な無邪気さで私たちにもたらされ、その魅力に抗うことはできません。油彩と不透明な水性ガッシュを組み合わせた黄金色のエマルジョンで、シャガールのいつものポジティヴィズムの暖かさ、幸福感、楽観性を、金箔の宗教イコンや神の光や悟りを感じさせるルネサンス初期の絵画の影響を感じさせる光り輝く輝きに包み込んでいます。油彩とガッシュの組み合わせは難しいものです。しかし、シャガールは、この《バルダックのマリア》で、油彩とグアッシュを併用することで、まるで自分の頭の中にある光景がそのまま具現化したかのような、別世界のような質感を与えています。そのテクスチャーの繊細さは、作品自体から光が発せられているような印象を与え、空に浮かぶ人物にスペクタルな質感を与えています。

マルク・シャガール

Located on the French Riviera between Nice and Monte Carlo, the Bay of Eze is renowned for its stunning location and spectacular views. As you can see on pages 80-81 of Rafferty's book, this painting skillfully captures the dizzying heights, set just west of Lou Sueil, the home of Jacques and Consuelo Balsan, close friends of Winston and Clementine.<br> <br>The painting manipulates perspective and depth, a nod to the dramatic shifts of artists including Monet and Cézanne, who challenged traditional vantage points of landscapes. The portrait (i.e. vertical) orientation of the canvas combined with the trees, and the rhyming coastline channels the viewer’s gaze. The perceived tilting of the water's plane imbues the painting with dynamic tension.

サー・ウィンストン・チャーチル

Tom Wesselmann will undoubtedly be remembered for associating his erotic themes with the colors of the American flag. But Wesselmann had considerable gifts as a draftsman, and the line was his principal preoccupation, first as a cartoonist and later as an ardent admirer of Matisse. That he also pioneered a method of turning drawings into laser-cut steel wall reliefs proved a revelation. He began to focus ever more on drawing for the sake of drawing, enchanted that the new medium could be lifted and held: “It really is like being able to pick up a delicate line drawing from the paper.”<br><br>The Steel Drawings caused both excitement and confusion in the art world. After acquiring one of the ground-breaking works in 1985, the Whitney Museum of American Art wrote Wesselmann wondering if it should be cataloged as a drawing or a sculpture. The work had caused such a stir that when Eric Fischl visited Wesselmann at his studio and saw steel-cut works for the first time, he remembered feeling jealous. He wanted to try it but dared not. It was clear: ‘Tom owned the technique completely.’<br><br>Wesselmann owed much of that technique to his year-long collaboration with metalwork fabricator Alfred Lippincott. Together, in 1984 they honed a method for cutting the steel with a laser that provided the precision he needed to show the spontaneity of his sketches. Wesselmann called it ‘the best year of my life’, elated at the results that he never fully achieved with aluminum that required each shape be hand-cut.  “I anticipated how exciting it would be for me to get a drawing back in steel. I could hold it in my hands. I could pick it up by the lines…it was so exciting…a kind of near ecstasy, anyway, but there’s really been something about the new work that grabbed me.”<br><br>Bedroom Brunette with Irises is a Steel Drawing masterwork that despite its uber-generous scale, utilizes tight cropping to provide an unimposing intimacy while maintaining a free and spontaneous quality. The figure’s outstretched arms and limbs and body intertwine with the petals and the interior elements providing a flowing investigative foray of black lines and white ‘drop out’ shapes provided by the wall. It recalls Matisse and any number of his reclining odalisque paintings. Wesselmann often tested monochromatic values to discover the extent to which color would transform his hybrid objects into newly developed Steel Drawing works and, in this case, continued with a color steel-cut version of the composition Bedroom Blonde with Irises (1987) and later still, in 1993 with a large-scale drawing in charcoal and pastel on paper.

トム・ヴェッセルマン

Still lifes like Oranges and Lemons (C 455) give us an insight to the rich and colorful life of Churchill, just as his landscapes and seascapes do. Churchill painted Oranges and Lemons at La Pausa. Churchill would often frequent La Pausa as the guest of his literary agent, Emery Reves and his wife, Wendy.  Reves purchased the home from Coco Chanel.  While other members of the Churchill family did not share his enthusiasm, Churchill and his daughter Sarah loved the place, which Churchill affectionately called “LaPausaland”.<br><br>To avoid painting outside on a chilly January morning, Wendy Reves arranged the fruit for Churchill to paint. Surrounded by the Reves’s superb collection of Impressionist and Post-Impressionist works, including a number of paintings by Paul Cézanne, Oranges and Lemons illuminates Churchill’s relationships and the influence of Cézanne, who he admired. The painting, like Churchill, has lived a colorful life, exhibited at both the 1959 Royal Academy of Art exhibition of his paintings and the 1965 New York World’s Fair.

サー・ウィンストン・チャーチル

ロバート・インディアナの4文字の2列配置が、1960年代のムーブメントにどのような影響を与えたかは、想像に難くない。その原点は、宗教に深く触れ、友人であり師であったエルズワース・ケリーの硬質なスタイルと官能的でアクセントのない色彩が印象に残ったことにある。しかし、インディアナが「LOVEが私を噛んだ!」と言うように、それは偶然のキスメットのようなもので、デザインはシャープで集中したものになった。もちろん、インディアナはこのデザインを何度も試行錯誤し、そして、このロゴはあちこちに芽を出し始めたのです。イタリア語の "Amor "は、"O "が右に傾いているのが特徴的です。しかし、このバージョンは、「L」の足で蹴られるのではなく、上の「A」に美しい演出で揺さぶりをかけているのである。これは、愛とその感情的な性質について、新しい、しかし決して深くない印象を与えます。  いずれにせよ、「Love」の傾いた「O」は、他の安定したデザインに不安定さを与え、「この言葉に関連するしばしば空虚な感傷、甘ったるい愛情ではなく、報われない憧れと失望を隠喩的に示唆する」(Robert Indiana's Best: A Mini Retrospective, New York Times, May 24, 2018)というインディアナの暗黙の批判を深く投影しています。繰り返しは、もちろん、シンプルさと、画期的なデザインの天才に対する私たちの評価を低下させる厄介な習慣があります。晩年、インディアナは「素晴らしいアイデアだったが、ひどい間違いでもあった」と嘆いている。あまりにも人気が出てしまった。人気が出るのを嫌う人もいるんだ」。しかし、分裂と混乱に満ちた世界の住人である私たちは、あなたに感謝します。"Love "とその多くのバージョンは、私たちの愛の能力を強く思い出させるものであり、それこそが、より良い未来への永遠の希望なのです。

ロバート・インディアナ

JEAN-MICHEL BASQUIAT - 無題(ハトの解剖学) - 紙に油彩、グラファイト、チョーク - 22 x 30 in.

ジャン=ミシェル・バスキア

PIERRE BONNARD - Soleil Couchant - 油彩・キャンバス - 14 1/2 x 22 1/2 in.

PIERRE BONNARD(ピエール・ボンナード

キャサリン・グロッセの「Untitled」(2016年)は、彼女の記念碑的な建築インスタレーションで見られるようなエネルギー、大胆さ、慣習を無視する姿勢を、キャンバスに描かれた絵の具という伝統的な媒体に持ち込んだアーティストへの評価を高めている。絵の具が流れ、滴り、飛び散り、透明なヴェールが輝き、ミストされた色が重なり合って柔らかなグラデーションの変化を生み出す。その結果、空間的な奥行きと立体感のある魅力的な印象が生まれる。しかし、それはまた、カオスとコントロール、自発性と意図をブレンドするグロッセの才覚を明らかにする力作でもある。彼女の幅広い技法は、偶然と意図的なものとの間に説得力のある対話を生み出し、それが彼女のユニークなスタイルの特徴となっている。

カタリーナ・グロース

トーマス・ハート・ベントンは、農民や現場労働者の描写に共感し、献身と勤勉さのテーマを好み、当時の多くのアメリカ人にとって残酷な日常生活であった生存のための闘争を描いた何百もの研究を作成しました。ホーイング・コットン(Hoeing Cotton)には、大恐慌期の南部の農業の苦難を思い起こさせる、暗く不機嫌な蒼白さが多くあります。差し迫った嵐を予期しているかのように演出されたベントンは、空と風景のダイナミックな相互作用を利用して、深南部の田舎の生活のテーマ的な影響を深めています。これらの要素は、人々と環境とのつながり、そしてレジリエンス(回復力)の永続的な精神を浮き彫りにしています。

トーマス・ハート・ベントン

JEAN ARP - Sculpture Mythique - bronze - 25 x 9 1/2 x 12 in.

ジャン・アープ

A major figure in both the Abstract Expressionist and American Figurative Expressionist movements of the 1940s and 1950s, Elaine de Kooning's prolific output defied singular categorization. Her versatile styles explored the spectrum of realism to abstraction, resulting in a career characterized by intense expression and artistic boundary-pushing. A striking example of de Kooning's explosive creativity is Untitled (Totem Pole), an extremely rare sculptural painting by the artist that showcases her command of color. <br><br>She created this piece around 1960, the same period as her well-known bullfight paintings. She left New York in 1957 to begin teaching at the University of New Mexico in Albuquerque, and from there would visit Ciudad Juárez, where she observed the bullfights that inspired her work. An avid traveler, de Kooning drew inspiration from various sources, resulting in a diverse and experimental body of work.

エレーン・デ・クーニング

敬虔なカトリック信者であったルオーの芸術的進化は、モダニストの中でも異彩を放っていた。鮮やかな色彩と、中世のステンドグラスを通過する光の表現に魅了された彼は、厚く豊かな絵具を塗り重ね、重厚な黒の線の中に深い青をたたえた生々しく大胆なフォルムを増幅させた。ルオーはしばしば、救済の力に捧げられた宗教的なテーマを強く繰り返し支持した。カルロッタは、そのような崇高な召命にも、道化師、娼婦、磔刑像などの疎外された苦悩にも奉仕していない。その代わりにカルロッタは、ルオーのより繊細な色彩の変化と、インパストの荒々しく触感的な質感と、人間の苦痛や絶望というテーマに邪魔されないモデルの、擦れたパッセージの柔らかく拡散した効果との間のダイナミックな相互作用を賞賛する機会となっている。

ジョージ・ルオー

ムンクの革新的な「ジグソー技法」は、実験的で高度なもので、版木を分割し、それぞれに墨を入れ、刷った後、再び組み立てて最終的なイメージを作り上げるというものだった。この技法によって、さまざまな色彩が生まれ、同じ版でも個性的な版画が生まれ、さまざまな感情や雰囲気が生み出された。豊かなオーケストレーションが施された「海岸の家 I」の起伏に富んだフォルムは、色とテクスチャーの層によって構築され、それぞれが複数の平面を持ち、奥行きと空間の複雑さに寄与している。木版画の彫りや刳り抜きは、エドヴァルド・ムンクのしばしば残酷な作業精神を表現するのに理想的であり、伝統的な手法の限界を押し広げ、芸術における感情や心理的な深みを追求する彼の姿勢をより強固なものにしている。

エドヴァルド・ムンク

マックス・ウェーバーは1905年にパリに移り住み、パリは芸術的革新の中心地でした。彼の初期の作品は、フォーヴィスムの大胆な色彩パレットとキュビスムの現実の断片的な表現の同時代の影響を示しています。しかし、ウェーバーは単にこれらのスタイルを模倣しただけではありません。彼はそれらを統合し、再解釈して、彼自身のものを作り上げました。ウェーバーの重要性は、抽象的な作品だけでなく、モダニズムのアイデアのパイプ役としての役割にもあります。ウェーバーは、20世紀のアメリカ美術の進路を形作るのに役立った大西洋横断の対話において重要な役割を果たしました。彼の女性像の描写は、抽象と具象の融合を示し、伝統的な具象作品から脱却しながら、主題の本質を捉えています。

マックス・ウェーバー

ANDY WARHOL - Superman (II.260) - スクリーンプリント - 38 x 38 in.

アンディ・ウォーホル

ANDY WARHOL - Mickey (II.265) - ダイヤモンドダスト入りスクリーンプリント - 38 x 38 in.

アンディ・ウォーホル

ALFRED SISLEY - Vaches au paturage sur les bords de la Seine - Pastel on paper - 11 1/4 x 15 1/2 in.

アルフレッド・シスレー

ハーブアルパート - アローヘッド - ブロンズ - 201 x 48 x 48インチ。

ハーブ・アルパート

CAMILLE PISSARRO - Paysage avec batteuse a Montfoucault - Pastel on paper laid down on board - 10 3/8 x 14 3/4 in.

カミール・ピサロ

Well known for his candor and pragmatic sensibility, Alexander Calder was as direct, ingenious, and straight to the point in life as he was in his art. “Personnages”, for example, is unabashedly dynamic, a work that recalls his early love of the action of the circus as well as his insights into human nature. The character of “Personnages” suggests a spontaneous drawing-in-space, recalling his radical wire sculptures of the 1920s.<br>© 2023 Calder Foundation, New York / Artists Rights Society (ARS), New York

アレクサンダー・カルダー

ハーブ・アルバートの多くのブロンズ鋳造、絹のような黒色のパテント仕上げのスピリット・トーテムの中で、ウォーリアほどはっきりとした男性的な雰囲気を持つものは他にありません。猛禽類の紋章や平原インディアンの酋長の頭飾りを思わせるような鋸歯状の冠をかぶった「戦士」というタイトルは、強さ、勇気、不屈の精神などの特徴を適切に表現している。  ヘンリー・ムーアの作品と同様に、これらの連想は、この力強い彫刻がダイナミックで強い印象を与えるために、ネガティブ・スペースに依存している部分があります。

ハーブ・アルパート

JOAN MIRO - L'Oiseau - ブロンズとシンダーブロック - 23 7/8 x 20 x 16 1/8 in.

ジョアン・ミロ

FRANK STELLA - Dadap - ステンレススチール、アルミニウム - 66 1/2 x 50 1/4 x 19 in.

フランク・ステラ

デボラ・バターフィールドは、アメリカの彫刻家の殿堂の中で重要な位置を占めており、そのパイオニア精神と多様な媒体の習得で有名です。成形スティールで作られた「Beacon」は、芸術の限界を押し広げる彼女の大胆さと献身の証です。バターフィールドは、この要求の厳しい媒体の課題を受け入れ、革新と伝統の融合です。広大でエレガントなラインが特徴のモダンな美学を持つこの馬の彫刻は、現代アートと時代を超越した美しさが融合する領域に見る者を誘い、魅惑の源です。ビーコンは、馬の形の古典的な優雅さを称え、現代彫刻の風景の中で先見の明のあるバターフィールドの位置を再確認します。

デボラ・バターフィールド

2023 カルダー財団、ニューヨーク / アーティスト・ライツ・ソサエティ(ARS)、ニューヨーク

アレクサンダー・カルダー

アンディ・ウォーホルは、20世紀後半のアメリカン・アートの代名詞であり、その象徴的な肖像画や消費財で知られ、大衆文化と美術をミックスし、芸術のあり方や芸術に対するアプローチの仕方を再定義しました。ウォーホルの作品の多くは、有名な個人を描いたものではありませんが、無生物の描写は、被写体を有名人のレベルにまで高めています。ウォーホルは、ファッション・イラストレーターとして活躍した初期に初めて靴を描き、1980年代に再びこのテーマに取り組み、消費主義やグラマラスへの憧れを融合させたのです。ハイカルチャーとローカルチャーを融合させたいと常に考えていたウォーホルは、靴というどこにでもあるものにスポットを当てることを選択したのです。その対象は、貧困や富、機能、ファッションを示すことができます。ウォーホルは、積み上げられた靴を華やかにし、きらびやかなダイヤモンドの粉で覆い、実用的な必要性と様式化されたステートメントピースの間の意味をさらに曖昧にしました。

アンディ・ウォーホル

馬が横になるのは、安全だと感じるからであり、デボラ・バターフィールドにとっては、自分自身を無防備にしても大丈夫だという言い方です。「エコー」は、彼女の採集技術と金属加工を溶接する能力を尊重して構築されており、伝統的な馬の描写に固執するのではなく、その本質的な性質を明らかにしています。スチールシートをつなぎ合わせ、波打つものもあれば、折りたたまれたり、圧着されたりしたこの作品は、錆びた茶色の緑青に経年変化し、不完全さを隠すのではなく、称賛する、時の痕跡を帯びた作品です。バターフィールドの意図的な素材の選択とその処理は、深みと個性を加え、Untitled, Echoを単なる馬の表現以上のものに変えます。

デボラ・バターフィールド

FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in.

フレデリック・カール・フリーゼケ

マヌエル・ネリの初期のペーパー・マシェの作品は、彫刻技法の先駆けであり、彼の彫刻の絵画へのアプローチは、色彩と形態の表現の可能性への深い関与を反映しています。『Hombre Colorado II』における色の選択と配置は、色の心理的・感情的な側面に対する彼の微妙な理解を反映した、特に本能的な反応を生み出します。1958年に構想され制作された『Hombre Colorado II』は、ネリと妻のジョーン・ブラウンが豊かな芸術的創造性の交流を行い、それぞれのスタイルとベイエリアの具象運動の進化に大きく貢献した時代を反映しています。

マヌエル・ネリ

イヴォンヌ・トーマスは、50年以上にわたる幅広いキャリアの中で、抽象表現主義の自然発生的で感情的な特質と、表現手段としての形や色の明確な使い方を融合させた独特のアプローチで名を馳せた。トーマスは、色彩を深い喜びと複雑なパズルの源として大切にしていた。この視点は彼女の芸術にも反映されており、多様なパレットを駆使して自然のテーマへの反応を呼び起こし、伝えている。1954年、彼女はフィラデルフィアのヘンドラー・ギャラリーでの初個展という重要な節目の年に「塔」を描いた。その1年後、トーマスの作品はニューヨークのリバーサイド美術館で紹介され、フランツ・クラインやミルトン・エイブリーといった著名な画家たちとともに展示された。

イヴォンヌ・トマス

アレクサンダー・カルダーによる魅惑的なグワッシュ画 "Wigwam rouge et jaune "は、デザインと色彩の鮮やかな探求である。頂点付近で交差する対角線の格子によって支配された構図は、ダイナミックなバランスを醸し出している。カルダーは赤と黄色の菱形で気まぐれな要素を取り入れ、作品に遊び心を吹き込み、祝祭的な雰囲気を作り出している。右寄りの線の頂点にある赤い球は気まぐれな印象を呼び起こし、左寄りの線の上にある小さな灰色の球はコントラストと均衡を与えている。カルダーはシンプルさと重要なデザイン要素を見事に融合させ、「ウィグワム・ルージュ・エ・ジョーヌ」を視覚的に楽しませている。

アレクサンダー・カルダー

PAUL JENKINS - Phenomena By Return - キャンバスにアクリル - 104 3/4 x 49 5/8 in.

ポール・ジェンキンス

2023 カルダー財団、ニューヨーク / アーティスト・ライツ・ソサエティ(ARS)、ニューヨーク

アレクサンダー・カルダー

マニュエル・ネリは、1960年代のベイエリア・フィギュラティブ・ムーブメントの中心人物である。抽象的な形ではなく、人間の形の力によって感情を表現することを重視した。本作「Untitled」(1982年)は、等身大の女性の姿を追求した作品である。  ネリは60年のキャリアを通じて、マリア・ユリア・クリメンコという一人のモデルとの制作を好んだ。多くの作品に顔がないことが、謎と曖昧さの要素を加えている。無題 "の構図は、人物の構造と形態に焦点が当てられている。  マニュエル・ネリは、アディソンギャラリー/フィリップスアカデミー、スタンフォード大学アンダーソンコレクション、シカゴ美術館、スタンフォード大学カンターアートセンター、シンシナティ美術館、サクラメント・クロッカー美術館、デンバー美術館、テキサス州エルパソ美術館、サンフランシスコ美術館、ハーバード大学美術館、ワシントンDCハーシュホーン美術館と彫刻庭園など世界中の多くの美術館でコレクションされ、その作品は世界的に知られています。ホノルル美術館、メトロポリタン美術館(ニューヨーク)、ナショナルギャラリー(ワシントンD.C.)。

マヌエル・ネリ

リチャード・アヌスキエヴィッチ

デボラ・バターフィールドはアメリカの彫刻家で、木材、金属、その他の見つかった物体から作られた馬の彫刻で最もよく知られています。1981年の作品「無題(馬)」は、ワイヤーアーマチュアの棒と紙で構成されています。この作品の印象的なスケールは、バターフィールドの有名な主題の顕著な例を提示し、人に顕著な効果を作成します。バターフィールドはもともとモンタナ州ボーズマンの彼女の財産で見つかった木材や他の材料から馬を作成し、これらの形態の感情的な共鳴を採掘し、比喩的な自画像として馬を見ました。

デボラ・バターフィールド

アンディ・ウォーホルは、名声、セレブリティ、文化的アイコンに魅了されたことで知られるが、時には同時代の人物にとどまらず、歴史的な人物にも手を伸ばした。特に興味深いのは、ゲーテの色彩理論で、一般的なニュートン物理学に基づく科学的現象としての色彩理解とは対照的に、色がどのように知覚され、心理的な影響を与えるかを強調している。ゲーテの色彩理論がウォーホルに直接インスピレーションを与え、彼を被写体に選んだという直接的な関連性はないが、ウォーホルの芸術が歴史的伝統と関わり、それぞれの分野と時代の結びつきを象徴していると私たちが見ていることをテーマ的に浮き彫りにしている。この意味で、この作品は、ウォーホルの視覚言語と、知覚における強力で刺激的な要素としての色彩に対するゲーテの認識を結びつける、オマージュであり、時代を超えたコラボレーションである。

アンディ・ウォーホル

ANDY WARHOL - Goethe - シルクスクリーン、カラー - 38 x 38 in.

アンディ・ウォーホル

HERB ALPERT - Inspired - bronze - 100 x 20 x 12 in.

ハーブ・アルパート

LE PHO - 花 - 油彩・キャンバス - 28 3/4 x 21 1/4 in.

LE PHO

1990年代後半、マニュエル・ネリは、数多くの石膏彫刻をブロンズに作り変え始めた。これらのシリーズは、形も表面のディテールもほとんど見分けがつかず、さまざまな配色や、材料を切り開く、磨く、削る、重ねるなど、さまざまな行為を伴うマーク・メイキングの影響を探求している。さまざまなマーキング技法を試すことで、ネリは形、色、テクスチャー、光の相互作用を探求することができた。Standing Figure No.3では、ネリはパレットを類似の配色に限定し、絵具を薄めることで微妙なグラデーションを作り出し、彫刻のなめらかで洗練された外観を引き立てた。

マヌエル・ネリ

MARC QUINN - Lovebomb - フォトラミネート、アルミニウム - 108 1/4 x 71 3/4 x 37 3/4 in.

マルク・クイン

ANDY WARHOL - Ford car - グラファイト、紙 - 11 1/2 x 15 3/4 in.

アンディ・ウォーホル

ARMAND GUILLAUMIN - Roquebrune, Le Matin - キャンバスに油彩 - 25 x 31 1/4 in.

アーマンド・ギラウミン

アンディ・ウォーホルのキャンベル・スープ缶シリーズは、彼のキャリアとポップ・アート・ムーブメントにおける極めて重要な瞬間である。それぞれ異なる味を描いた32枚のキャンバスからなるこのシリーズは、ありふれた日常的な消費財をハイアートの地位へと昇華させ、アートの世界に革命をもたらした。1968年に発表されたスクリーンプリントの「ペッパー・ポット」は、大量生産と消費文化の特徴である、鮮やかで平坦な色彩と繰り返されるイメージという彼の特徴的なスタイルを採用している。商業的技法であるスクリーン・プリントは、ハイ・アートと商業アートの境界線を曖昧にし、芸術的価値観や認識に挑戦するウォーホルの関心と一致している。

アンディ・ウォーホル

リチャード・ディーベンコーンは、「すべての絵画は、ある気分、物や人との関係、完全な視覚的印象から始まる」と語っています。ディベンコーンは、戦後のニューヨークを席巻した抽象芸術に対抗するベイエリアの具象芸術運動で決定的な役割を果たしたことで知られており、具象と抽象の間でしばしば揺れ動いた。1952年には、イリノイ大学アーバナ校に1年間だけ教員として赴任しました。1952年、イリノイ大学アーバナ校に1年間教員として赴任し、建築学科の学生にデッサンの基礎を教えるとともに、自宅の寝室の1つをスタジオとして使用しました。アーバナシリーズ」と呼ばれる1952年から53年のこの時期は、ディーベンコーンのスタイルを発展させる上で、生産的で重要な時期でした。具象から抽象への革新的な探求は、この重要な初期の時期に始まり、1960年代後半から80年代にかけて広く知られるようになった「オーシャンパーク」シリーズで完全に実現されることになります。

リチャード・ディベンコーン

"Bouquets de Fleurs" (1901) is a glowing Post-Impressionist still life. As the revolutionary wave of Impressionism receded from its apex, artists such as Henri Manguin, Henri Matisse, Kees van Dongen, Louis Valtat, and others emerged as part of the new avant-garde in Europe. These “Fauves,” or roughly translated “wild beasts,” would attack their canvases with a bold and vibrant new palette. This completely new way of painting was not initially celebrated by critics, or the artistic elite, but is today recognized among the most innovative and original artistic movements of the 20th Century.    <br><br>The present work, painted just before the revolution of Fauvism took hold, demonstrates a critical transitionary period in Modern Art. The subject is depicted with a masterful compositional sense and attention to spatial relationships. Manguin’s competency in composition would allow him to experiment freely with color during the first decade of the 20th Century. The slightly later but comparable Manguin still life “Flowers” (1915) is in the permanent collection of the Hermitage Museum, St. Petersburg, Russia.

ヘンリ・マングィン

ウェイン・ティーボーは画家として広く賞賛されています。しかし、製図家としての彼の能力も同様に説得力があり、特にアーティストのあらゆるジェスチャーを記録することで有名な自筆媒体であるリトグラフで顕著です。『Paint Cans』が十分に示しているように、リソグラフィーは、アーティストの明確な意図を巧みに表現するために、テクスチャーや色を重ねる自由も提供します。構図では、「Paint Cans」は、日用品のグループを際立たせることができるユニークな方法を示すフォーカルポイントと方向性の強調に由来する、Thiebaudの鋭い秩序感覚を示しています。緻密なテクニックと技術で観る者を驚かせる作品です。

ウェイン・ティーボー

1962年にドロシー・フッドがヒューストンに戻ったとき、NASAは新しい宇宙船センターをヒューストンに建設するという重要な発表をしました。宇宙旅行のアイデアは、彼女の長年の宇宙論への関心と共鳴し、月面着陸を達成するという英雄的な願望は、アーティストの中で何かを開きました。この新しいフロンティアは、彼女の仕事に情報を与え、より大きな仕事へと彼女を励ましました。彼女は「(大きなキャンバスで)何ができるかの発見は、私の絵画人生で起こった最も重要なことです」と認めています。「Space Signals」はカラーフィールドペインティングの最高傑作ですが、彼女の視覚言語は、宇宙船の探査機や天体の定期的な画像、そして彼女の想像力をかき立てた科学者や宇宙飛行士との多くの会話など、他の情報源から来ています。彼女は、そのインスピレーションの翼に、うっとりするほど美しく、蒸気のようなフタロブルーの色合いのゾーンを薄く描いたのです。

ドロシー・フード

ドロシー・フード

ドロシー・フッドのアプローチは、しばしば美の本質を扱っています。アーシル・ゴーキーへのオマージュではあるが、美は私たちの意識的な参加を強める導管として機能し、視覚的に印象的なプレゼンテーションを通じて複雑なアイデアを導入し、フッドがそのような洗練された技術者でなければ不可能だったでしょう。2つの赤い領域内の「赤面と花」の移行は、驚くほどゴージャスです。しかし、フッドは、私たちの知覚をもてあそぶ幻想的な効果の達人でもあります。青みがかった月明かりの藤色から、より明るく不透明な埃っぽいバラへのチャンネル内のカラーシフトを導入することで、その効果は、視聴者の色に対する認識が分断をどのように認識するかに依存しています。上の最初の効果は、裂け目の錯覚を保持し、2番目の効果は、視聴者が簡単に認識できる2つの色のブロックを分離する視覚的な障壁です。この相反する効果は、画面の下部近くの赤いスラブに氷のような結晶化した形を配置し、対照的に、左側のスラブの下にパッチを挟んでチャネルの効果を強調することで、さらに強調されています。

ドロシー・フード

フッドは、アーシル・ゴーリキー、エドヴァルド・ムンク、アンリ・マティス、パブロ・ピカソ、マックス・エルンストが、非具象的な抽象化で概念やアイデアを伝える能力に影響を与えたことをしばしば認めています。しかし、神話、科学、自然、スピリチュアリティ、そして驚異的なスキルに関する彼女の集中的な研究は、私たちを私たちの知覚と経験の限界に連れて行ってくれました。「Untitled」は、ジョージア・オキーフの植物のような花柄のような繊細で優美な質感を共有することなく、地球上のものの創造の根底にある変容の激しさを認めています。フッドにとって、種からつぼみ、花、そして種への変容は、時間の経過と物理的および精神的な領域の相互作用によって形作られた完成のサイクルであり、永遠の変容の状態です。これは、彼女が頻繁に立ち返った最も強力なテーマの1つです。

ドロシー・フード

ドロシー・フッドの人生と芸術の中核にあるのは、1941年から1962年にかけてメキシコに滞在し、文化的、政治的、社会的交差点の中心にいたことです。彼女の友人の中には、シュルレアリスムのレメディオス・ヴァロとレオノーラ・キャリントン、そして地元の画家ルフィーノ・タマヨとホセ・クレメンテ・オロスコがおり、彼女と深い友情を育みました。彼女がヒューストンに戻り、彼女が永遠に最もよく知られている壮大なキャンバスを描いたとき、幻想的でとらえどころのない領域へのポータルが彼女のために開かれました。「Black Vessel」の刺激的なフォルムは、1980年代に彼女をしばしば占めていた視覚的に刺激的なコラージュを生み出すために、素材を重ねたり、カットしたり、再配置したりすることを先取りしています。意図的かどうかはともかく、その配置と相互のパターンは、夜空を背景にビルマのパゴダのシルエットを連想させる。パゴダは主に遺物を収めるための記念碑として使用され、階段状の構造は仏教の教えを象徴しています。

ドロシー・フード

フッドにとって、海と無限の宇宙の広がりは、お互いの反映です。それらは、心を魅了し、コントロールされているという私たちの幻想を誇示する恐ろしい力を体現しています。虚空は無限の根源的な力であり、その本質に対する私たちの理解を超越しています。フッドにとって、キャンバスの有限の境界内に無限をフレーミングするという挑戦は、彼女のライフワークとなりました。「海の顔」では、真っ黒な領域がネガティブスペースの印象を与え、空間の広大さのように、即興の赤い爆発が天体現象のようです。星雲、彗星、銀河、そしてその空隙の中に現れます。黒の鋭いエッジは、空間の混乱した広大さを反映した虚無を暗示し、その向こうの目に見えない次元を暗示する事象の地平線のように機能します。その効果は宇宙論的、心理的であり、空間のスリリングな二面性、未知の謎と出会う無限の可能性を捉えた作品です。

ドロシー・フード

SETH KAUFMAN - Lignum Spire - ブロンズ、グリーンパティナ - 103 1/2 x 22 x 17 in.

セス・カウフマン

見過ごされがちだが、ウォーホルのインクとカラー染料によるドローイングは、モチーフや要素を本質的なものへと還元する彼のコツを、線の経済性とそれぞれを特徴づける見事な遊び心で示している。アートは、単純でなく自由であればこそ、ユーモアや気まぐれを効果的に伝えることができるのだということを、この作品はしばしば私たちに気づかせてくれる。無題、花」は、1960年の有名なヴォーグ誌のレイアウトを先取りしたもので、蛍光色で描かれた花のドローイングが組み合わされている。この作品は、ウォーホルが色彩から線を切り離すという初期の傾向を先取りしたもので、後に彼のシルクスクリーンのイメージに抽象的な即時性を与えることになる。

アンディ・ウォーホル

フッドが芸術と人生の晩年を迎えるにつれ、彼女は宇宙と内なる宇宙の探検に支えられ続け、メキシコの記憶は源泉であり続けた。したがって、90年代の絵画は、作家の年齢とは思えない若々しいエネルギーを醸し出しています。これらの作品に立ち向かうことは、最初の原始的な光の爆発、あるいは世界の終わりを感じることです。『Gravity's Rainbow II』は、フッドの独特な空間的文脈と心理的指向の進化をカプセル化し、広大なエネルギーフィールドと、輝く爆発的な色の帯を想起させます。タイトルは、第二次世界大戦末期のヨーロッパを舞台にしたトマス・ピンチョンの小説にちなんでいます。これは、V-2ロケットの開発と配備に関する物語の糸で構成されています。フッドは、科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンの「自然は絶滅を知らない。知っているのは変革だけです。科学が私に教えてくれたこと、そしてこれからも教えてくれることのすべては、死後も私たちの霊的存在の継続性に対する私の信念を強めてくれます。

ドロシー・フード

1980年代から90年代にかけて、フッドの空虚さという考えへの献身は、ネオポップ、ポストモダニズム、または盗用アートの妥当性をめぐる議論に支配された世代の間では支持されませんでした。ウォルター・ダービー・バナードは、カラー・フィールド・ペインターとして定評があり、ドロシー・フッドの莫大な才能を認め、限界のない、理解を超えたものへの秘教的な興味を捨てるようアドバイスしました。周知の通り、フッドは自分の立場を貫いた。彼女が述べているように、「黒は大いなる光を表現するために塗ることができる。なぜなら、黒の虚無の中にすべての始まりが生じるからである。形は重力の中にある、あるいは時間もなく宙に浮いている、あるいは動きの奔流である。フッドの黒を扱う妙技は、宇宙の統一を発見する彼女の絶え間ない探求のレンズを通して見ると最も強力な傑作であるUntitled (Black Beauty)で完全に展示されています。

ドロシー・フード

ANDY WARHOL - The Shadow (神話より) - 紙にダイヤモンドダスト入りカラースクリーンプリント - 37 1/2 x 37 1/2 in.

アンディ・ウォーホル

DONALD SULTAN - Yellow Tulip No 18 - 油彩、タール、紙 - 20 x 20 in.

ドナルド・スルタン

フランシスコ・トレド - 無題 - 紙上の混合メディア - 8 x 10 1/4インチ。

フランシスコ・トレド