戻る

ネイサン・オリベイラ (1928-2010)

 
オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。 オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。 オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。 オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。 オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。 オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。 オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。
マスク198766 x 54 in.(167.64 x 137.16 cm)アクリル、土、油彩、キャンバス
出所
プライベートコレクション(カリフォルニア、ニューヨーク
サンフランシスコ交響楽団、上からの寄贈品
カリフォルニア州、個人蔵
オリヴェイラの実存的な人物像からは、ジャコメッティの作風を思わせる不安感が伝わってくる。また、鳥や動物の本質を探求し、記憶が儚い体験を再構築する知覚の儚さを探求した。晩年はサイト・ペインティングやモノグラフに力を入れ、まるで考古学の発掘調査で発掘されたかのように、忘れ去られた古代文明や部族の名前を呼び起こす。仮面》では、埋葬台の上に置かれたような謎めいた卵形と、控えめで柔らかな土のテラコッタの色彩が、部族との関連性を示しており、メキシコを中心としたインディヘナの仮面のコレクターとしての関心を反映しているのかもしれない。
お 問い合わせ