フリースケとモネ

「モネは)光の絵を追い求めること、つまり画家たちが羊のように互いに追いかけ合うことに関して、黒い絵にため息をつくと言った......主題と絵画の両方において、独立性や真の誠実さが希薄であったことは、痛いほど真実である......」(セオドア・ロビンソン、日記、1892年6月3日

フレデリック・フリースケの初期の作品は、室内のスタジオを題材にしたもので、堅固なフォルムとしっかりとした輪郭が強調されていた。しかし1908年になると、彼は屋外にモデルを展示するようになり、独特の色彩配置に情熱を傾けるようになった。エドゥアール・ヴュイヤールや ピエール・ボナール、その他のナビ派の画家たちの豊かで装飾的な模様や質感を取り入れることも多かった。しかし、一世代前の画家、セオドア・ロビンソンの作品を思い起こさせるかのように、彼の風景画には、純粋な印象派の関心よりもむしろ、表面やパターンへの持続的な関心を強調するホイッスラーや 美学運動が反映されている。それは驚くべきことではない。アメリカ人はフランス印象派を自分たちの関心と美学に適合させたのだ。しかし、自分を真の印象派だと思うかどうかという質問には、フリースケは断固としてこう答えた。そうです、私はそう信じています......私は絵を描き始めたとき、すべてのルールを捨て、自然の中に向かいました」(Clara MacChesney, "印象派の画家たち")。(クララ・マチェスニー、「フリースケのインタビュー」、ニューヨーク・タイムズ、1914年6月7日)。実際、1914年にファンタン=ラトゥールを「モダンな画家」と呼んだフリースケは、古めかしいスタイルにとらわれることはなかった。彼は印象派、ポスト印象派、ナビ派の芸術的慣習を、急進的な表現様式に屈することなく受け入れていた。このことを念頭に置いて1915年以前に描かれた《ジヴェルニーの丘》は、光に満ちた丘の中腹としても、装飾的な模様や平坦な色彩の場としても見ることができる作品であり、アーサー・ウェスレー・ダウの作品やジョージア・オキーフやアーサー・ダヴの絵に見られる独特の土着的モダニズムを示唆している。

フリースキー・ヒル
  • モネ・プランタン
  • モネ・ハモー
  • ロビンソン・ヒルサイド
  • ロビンソン・ヒルサイド2
  • ローズ・ジヴェルニー

光と色の強さを押し出したいという欲求に駆られたフリースケは、セーヌ川沿いのいくつかの場所を探検し、1905年8月にジヴェルニーを訪れた。渓谷に沿って小さな畑が連なる趣のある村は、押し寄せる現代社会からの逃避先であり、その大気の微気候は虹色の色彩に満ちていた。翌1906年の夏、フリースケは妻のサディとともにジヴェルニーに移り住んだ。彼らはセオドア・ロビンソンの旧宅を手に入れたが、そこはモネが愛したクロ・ノルマンと、丹精込めて育てられた庭園とフェンスを共有していた。ギー・ローズによれば、モネはアメリカ人コミュニティの中で神話のような存在感を放ち、「関心の的であった......(彼は)いつも不吉な顔をしていた」。しかし、私たちは皆、彼が何をしているのか把握していた。(ガイ・ローズ「ジヴェルニーにて) プラット・インスティテュートMonthly 6, December 1897)。フリースケはモネを対等な存在としか思っていなかった。彼と妻のサディは、モネのプライバシーを徹底的に尊重した。二人は流暢なフランス語を話し、モネとの関係も淡々としていた。実際、フリースケの印象派に対する評価は、ルノワールに限定されていた。ルノワールはフリースケに、下地を塗ったきれいなキャンバスに絵の具を控えめに使うように促した。実際、フリースケはモネの光学的な鋭敏さとキャンバスの主張的な構成に強く惹かれていた。

モネの《ルーアンの春のリボーデの丘》は、印象派が少数の好意的な批評家に受け入れられるようになる前の1872年に描かれた。当時、勢いのある「不自然な」色彩と写生的な筆使いのフリースケの「ジヴェルニーの丘」の技術的な異常さや奇抜さは、光の一瞬の効果を捉えるという前提を受け入れなければ成立しなかった。もちろん、フリースケはモネのような論争的な反対にはさらされなかった。しかし、この2つの絵は、正確でありながら詩的であり、自然発生的な即時性をもって瞬間を伝えるという感覚に共鳴している。どちらの場合も色彩は混ざり合っておらず、丘の斜面には穀物畑が広がっているが、その色彩はパッチワークのようで、現代的なアプローチを示唆している。逆に、両作品とも自然の解釈者としての画家の優位性を主張しており、農耕地や牧歌的な環境、また自然主義や写実主義運動に関連する画家の一人であるジュリー・バスティアン=ラパージュのような画家とのテーマ的なつながりを共有している。

戻る

フレデリック・カール・フリーゼケ (1874-1939)

 
FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in. FREDERICK CARL FRIESEKE - ジヴェルニーの丘 - キャンバスに油彩 - 25 1/4 x 31 1/4 in.
ジヴェルニーの丘191525 1/4 x 31 1/4 in.(64.14 x 79.38 cm)キャンバスに油彩
出所
アーティストの家系の直系であること
プライベート・コレクション、ニューヨーク
展示会
ニューヨーク、ヒルシュル&アドラー・ギャラリー、フレデリック・フリースケ、1874-1939年、1966年4月-5月
サバンナ(ジョージア州)、テルフェア芸術科学アカデミー、ニューヨーク、ヒルシュル&アドラー・ギャラリーズ、ローリー(ノースカロライナ州)、ノースカロライナ美術館、セント・ピーターズバーグ(フロリダ州)、美術館、コロンビア(サウスカロライナ州)、コロンビア美術館、『フレデリック・フリースケ、1874-1939』1974年11月-1975年6月、7号
ミシガン州オウソ、シャワシー・アーツ・カウンシル、1976年
カリフォルニア州サンフランシスコ
...もっとその。。。Rnia, Maxwell Galleries, A Retrospective Exhibition of Work of F.C. Frieseke, May-June 1982, no.20, illustrated in color p. 24
サバンナ(ジョージア州、テルフェア美術館)、メンフィス(テネシー州、ディクソン・ギャラリー・アンド・ガーデンズ)、サンディエゴ(カリフォルニア州、サンディエゴ美術館)、シカゴ(イリノイ州、テラ・ミュージアム・オブ・アメリカン・アート)。49、カラー図版p. 173
文学
Kilmer, N., McWhorter, L., & Telfair Museum of Art (2001), Frederick Carl Frieseke: the evolution of an American impressionist, Telfair Museum of Art; Princeton University Press.
...少ない。。。

195,000

お 問い合わせ

追加資料